このブログはチラシ印刷や効果についての悩みや疑問をお持ちの方に向けて書いています。

チラシの効果を最大限に上げるコツ

チラシを配布する目的は、読んでくれた人の目に止まり、何かしらのアクションを起こさせることにあります。

つまりチラシの最大の目的は「集客」と「商品の購入」させること。

では、その目的の行動へと導くためにはどのようなチラシを作成すればよいのでしょうか?

今回は特にはじめてチラシを作成する方に向けて「集客効果の上がるチラシ作成の5つのコツ」を紹介していきたいと思います。

チラシ作成はカッコよさやセンスで写真と文章を組み合わせるだけでは相手に伝わりません。

次のようなことに注意して計画を立てて作りましょう。

1、ターゲットは誰?目的は何?

誰に対して情報を発信しているのか」「どのようなアクションを期待するのか」を明確にすること。

来店数を増やしたいのか、お問い合わせや資料請求を増やしたいのかといったゴール設定を明確にすることで、レイアウトやコピーライトが際立ってきます。

その結果、何のチラシかが一目でわかり、次の行動に導くことができるでしょう。

目的が明確になることで具体的な目標も立てやすくなり、チラシの効果測定もしやすくなるはずです。

2、どのような特徴のある商品を売っているのか?

商品を選んでもらうには他の競合にはない独自の強みが必要となってきます。

これを専門用語で言うと「USP(Unique Selling Proporsition)」といい他社との比較ポイントになります。

また、他人に勧めるにはまず自社のUSPをしっかりと決めておく必要があります。

1、競合に真似されにくいこと

2、競合と同じステージで戦わずにすむこと

3、人々が求めている需要のあるキーワードか

そもそもその商品の需要がなければ、いくらいいチラシでも売れません。

人々が求めているその商品のキーワードを盛り込むことにより、商品を購入することで、悩みや疑問の解決へと誘導します。

4、伝わる文章になっているか?

USPが明確になれば、次のメリットが生まれます。

1、他社商品との比較ポイントが明確になり、その商品を選びやすくなる

2、うたい文句のように使い勝手がよければ、口コミとなり評判が拡散される。

3、チラシやホームページのデザイン・コンテンツの方向性が定まる

5、チラシ構成はスムーズな視覚移動

チラシの一番核となるタイトルは魅力的で共感を誘う魅力的なタイトル・メッセージを考えましょう!

USP=一番伝えたい情報が決まったら、行動を誘導するデザインを考えましょう。

USPはチラシのどこに配置するべきでしょうか?

目立たせるべきコツ

一番伝えたい情報が定まったら「チラシ構成」に進みます。

チラシ構成で大事なのが人間の目線の動きを意識してデザインすること。

スマホでは上から下へ、ホームページやチラシでは人間の目線は左上から右下に、また右上から左下に流れます。

チラシなどの印刷物も同様で、スマホや本を読む場合と同じ目線の動きになります。

目線を意識して入口と出口を情報でつないで限られた情報をうまく伝えましょう。

1枚のチラシに何でもかんでも盛り込まないこと。

決して言い過ぎないことが重要です。

欲張りな文章はかえって何を伝えているのかわからなくなります。

目的に沿って言葉を選び、文字数を絞ってシンプルで分かりやすい言葉・キャッチフレーズで呼びかけましょう。

チラシの効果測定してますか?

せっかくデザイン制作、印刷、配布したチラシですが、果たして前回と比べてどのような反響があったでしょうか?

デザイン・コピーライトなどどのくらい効果があったかどうかは、「来客数」「売上げ」「評判」「クレーム数」などでわかります。

チラシの効果を数値としてデータ化してビジネスの管理業務を円滑に進める手法を「PDCAサイクル」と言います。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→Act(改善)

4 つのサイクルを繰り返して、見直すことで業務の質を向上させていきます。

チラシの反応を数値化・可視化することにより、軌道修正を加えた計画を立てて、次の実行に移していきます。

このサイクルを繰り返すうちに、あなたのチラシの効果は目に見えて増えていきますし、成約率も上がってくるはずです。

PDCAサイクルにより、初めてチラシの効果が分析できるでしょう。

集客効果の上がるチラシ作成の5つのコツのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今日はチラシ作りの失敗をしないために「チラシ印刷の効果を最大限に上げる5つのコツ」をまとめてみました。

何となくチラシを作ってしまうと情報量に過不足が生じたりポイントがはっきりしなくなって読む人にとって分かりにくいチラシとなってしまいます。

PDCAサイクルにより作りぱなしではなく、必ず効果を分析して見直す癖をつけていくことをおすすめしました。

チラシを作成する目的から掘り下げて考えていくことでちゃんと伝えたいことが伝わるチラシが出来るはずです。

追伸

更に今日はネット印刷で更に経費を節約し、更にビジネス展開に役立つ印刷会社を紹介いたします。

ネット印刷「ラクスル」は今までの印刷会社とは根本的に異なり、ビジネスに対抗する様々なサービスを提供し、「企業の応援・支援」に徹底応戦しています。

例えば、「ラクスル」の印刷+配布サービスでは、新聞折込、ポスティング・その他配布方法、DM・ダイレクトメール

更にチラシ集客丸投げの「スマートチラシ」など、効率的な配布サービスを印刷業に付け加えているので、作りっぱなしではありません。

「ラクスル」が他のネット印刷所と違う点

既にチラシデザインをお持ちの方には、チラシ赤入れサービスでプロの意見を取り入れることで、より効果が高い配布が実現できます。

デザインでは「オリジナルデザイン制作」「designラクスル」により

1、圧倒的なビジュアルとキヤッチフレーズにこだわったチラシづくり
2、細部にまでこだわったコンテンツのビジュアル化
3、コンセプトや情報を的確に伝えるレイアウト
4、反応率を高め、即集客に結び付く効果的なチラシ・広告作り

などを重点的に企業のPR支援を徹底して展開しています。



印刷のことならネット印刷通販のラクスル

今日はもう一つ「何故ラクスルは格安なチラシ印刷が実現できるのか?」についてお話ししようと思います。

近年、印刷業界はインターネットの普及によって、その仕組みが大幅に見直され、改善・改革の道を歩むことになりました。

印刷会社はネット業界で生き残るために、費用を抑えながらもクオリティーの高い印刷技術とサービスの向上に日々努力を重ねてきました。

その結果、企業・個人問わず誰もがお気軽に、格安な価格でデザイン・印刷依頼ができるようになりましたね。

ネットプリントにより、消費者にとっては以前からすると格安の金額で質の高い印刷物を得ることができるようになり、今までの半額近いコストで自社のPRができるようになったのです。

ちなみにネット印刷業界の先駆け「ラクスル」の経緯を詳しく見てみましょう。

ラクスルの松本社長は6兆円の市場規模がある印刷業界に効率化が行われていないことに注目し、インターネットの力で印刷業界の仕組みを変えるべく2009年9月にラクスル株式会社を設立した経緯があります。

ラクスル沿革史

2009年09月 印刷の新しい発注の仕組み作りを目的として資本金2百万円でラクスル株式会社を設立

2010年04月 印刷通販の価格比較サービスサイト『印刷比較.com』の運営を開始

2010年06月資本金を620万円に増資

2010年09月『印刷比較.com』を『raksul』に名前変更・サイトリニューアル

2011年06月印刷一括見積もり事業を開始

2014年02月資本金を18億円に増資

2014年07月TVCMの放送を開始

2015年02月資本金(資本準備金含む)を58億円に増資

2015年11月業務拡張のため本社を東京都品川区上大崎へ移転

2015年12月物流サービス事業『ハコベル -hacobell-』を開始

ラクスルの松本社長はあのスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチ「鏡の前で今、自分がやっていることをやり続けたいかという問いに、ノーという答えが1週間続いたら、人生を考えるタイミングだ」の言葉に感銘を受けたのもきっかけの一つだとか。

以上、ラクスルのチラシなどの印刷物が何故格安なのか理由がおわかりになりましたでしょうか?

ラクスルの仕事は印刷業務だけではない!

ネットでの事業展開は日々新たな戦略が生まれ、浮き沈みの激しいのが、インターネット業界の弱みになります。

「ラクスル」ではそんな会社を支援するべく、紙ベースのみならず、激安・低予算で「ホームページ集客サービス」を展開しています。

金額はリーズナブル、たったの3万円からホームページ集客サービスが購入可能で相談は無料となっています!

ラクスルのホームページ集客サービス

ついにラクスルにもホームページへの集客サービスが登場しました!

お持ちのホームページにリスティング広告を使って集客を図ります。

プロの運用ノウハウと豊富なレポートがあるので、初めての方も安心です。ぜひ、この機会に、ホームページの集客を増やしてしまいましょう。

 

さあ、あなたの会社もぜひネットビジネスに精通している「ラクスル」で新たなビジネス展開を図ってみませんか?



ネット印刷でお馴染みのラクスル