ラクスル「チラシの無料 デザイン テンプレート」の使い方はコレだ!

ネット印刷のおかげで、チラシの印刷料金もフルカラーでも随分安い料金で作れるようになりました。

デザインにも気を配り、風体よく作ったはずの「チラシ」なのに、

集客・成約の効果が思った程出ないことってありますよね。

ひょっとして重要な要素が抜けているかもしれません。

そんな時の強い味方になるのが、

デザインのソフト・知識がなくても、ラクスルの無料「デザイン テンプレート」。

必要な画像やキャッチコピーや文章など材料がそろえるだけで、専用のソフトいらず、

必要事項があらかじめ配置されているので、入れ替えるだけで、目を引く反応のいい「チラシ」を超簡単に作ることができます!

ラクスルのチラシテンプレートは無料

ラクスルには2種類の「テンプレート」があります。

①ソフトがなくてもチラシ構成ができる「オンラインデザインのテンプレート」。(今日はこちらの解説をしていきます。)

「イラストレーター」「ワード / パワーポイント」などの「入稿用のテンプレート」があります。

こちらは、チェック項目もあり、完全入稿するためのテンプレートとなっています。

写真はA4チラシ入稿用テンプレート

「オンラインデザイン テンプレート」の使い方

それでは早速ラクスルのオンラインで無料で使える「オンラインデザイン」でチラシを作ってみましょう。

チラシデザイン

ラクスルのホームページに入り、「オンラインデザイン」⇒「チラシ」のタグをクリックします。

テンプレート選び

1、サイズを選択します

目的のチラシの大きさを決めます。

2、元となるテンプレートを選択する

いろんなチラシテンプレートが出てきますので、お目当てのデザインに近い業種を選びます。

◎フリーキーワードで検索
検索窓に業種や、印刷物の用途、雰囲気など、テキストを自由に入力して検索することができます。

◎業種で絞り込み
左部検索メニューから、業種やおすすめキーワードから検索することができます。

◎写真から選ぶ
作りたいチラシの雰囲気に合ったテンプレートの写真から直接選ぶこともできます。

例:今回は試しに「デイサービスのチラシ」のテンプレートを書き換えてみます。

書き換えたい箇所をクリックして、文字の大きさやフォント、文章を書き換えていきます。

写真も準備されている画像の中から、あるいは自分のパソコンの中の写真を選択して貼り付け、切り取ることもできます。

四角から丸、いろんな目的の図形で切り取ることもできます。

こんな感じで簡単にレイアウトができました。

と、このままでは「売れるチラシ」には程遠いので、

更に売れるチラシに必要な要素を入れ込む「売れるチラシのデザインテンプレート(ひな形)」を紹介したいと思います。

反応のあるチラシを作るために必要なこと

反応のあるチラシの構成を考えるにあたって、必要事項を整理していきましょう。

まず初めに、「誰に」「何を」「どう行動してほしいのか」を明確にします。

【ステップ1】ターゲットを絞り込む

「誰に」向かって呼びかけているチラシなのか?

男性・女性か?年代は?既婚?独身?地域?などできる限り細かく訴えたいターゲットを絞り込みます。

【ステップ2】導入:ターゲットを呼び込む

「何を」=「悩みに対する解決策」「商品から得られるメリット(ベネフィット)」を伝え、将来を想像させます。

悩みや願望を盛り込み、受け手側の共感を得る。

他の商品との違いを知ってもらい、これはまさに私のことだ!」と“商品が解決できる悩み”を抱えている人が
自分事と感じてもらえるように、悩みと解決のキーワードを最適化していきます。

【ステップ3】コンクルージョン(結論)

◎見る人に「どう行動してほしいのか」

この商品で生活がどのように変化するのか?を想像しやすいように提示してあげます。

成約までのサービスの流れを分かりやすく掲載する。

◎安心感・親近感を持たせる

商品の作り手、生産者、お店のスタッフをチラシに掲載することで、どんな人が携わっているのか知らせることができます。

◎ポイントをまとめると

商品の紹介をするときに必要なポイントは以下の3つです。

・呼びこむキーワードを最適化し、タイトル・キャッチコピーを考える。
・まさに自分のための商品だ!と思ってもらう。
・他の商品との違いを知ってもらう。

【ステップ4】タイトルとキャッチコピー

以上を踏まえて短くて(必要最小限)インパクトのある「タイトル」を決定します。

キャッチコピー
「誰に」「何を」「どう行動してほしいのか」を踏まえキャッチコピーで訴える。
「●●●●(ベネフィット1)」を手に入れて、「○○○○(ベネフィット2)」になるために。

「ベネフィット」とは「お客さんが商品から得られるメリット」

チラシレイアウト:「左上から右下に」など見る順番を想定して画面を構成します。

最適な「写真」「イラスト」を効果的な場所に配置します。

色やポップ・ロゴなど「お祭り感」を出してにぎわいを演出し、全体の色構成をまとめます。

ラクスル「チラシの無料 デザイン テンプレート」の使い方のまとめ

最後にレイアウトをチェックし情報の間違いがないか確認したら入稿へと進みます。

以上、今回はラクスルの無料「チラシ作成デザイン テンプレート」を利用して、チラシに必要な要素を盛り込み「読まれるチラシ」を作成する方法をお伝えしました。

いかがだったでしょうか?チラシはただ「品」や「見栄え」がいいだけでは本来の目的は達成しません。

一番だいじなことは、お客は誰なのか?何を求めているのか?です。

「そこに行けばその願いが叶うかも」と誘導できればOKです。

常にお客の目線に立ってチラシの内容・構成を考えて作っていけば、

見る人の目に止まり、心に刺さり、心を動かされるチラシができると思います!

★あなたのビジネスを加速させるラクスル
印刷やビジネスに関するいろんなヒントが満載です。
↓↓↓↓
印刷のことならネット印刷通販のラクスル

追伸:ブログ内関連記事にもお立ち寄りください。

★失敗しないネット印刷会社の選び方
↓↓↓↓
ネット印刷チラシ・ポスターおすすめの印刷会社を徹底比較!